薄毛や抜け毛に悩むよりも、まず、「育毛」。

iKumou online
毛根

重要なカギは頭皮環境

頭頂のはげた部分

日頃の生活習慣を見直すことで、手軽に育毛ケアを行なうことはできますが、どんなに生活習慣に気を使ったとしても、頭皮環境が清潔に維持されていなければ、それは全く意味のないことになってしまいます。どんなに規則正しい生活をしていても、どんなに栄養バランスの取れた食生活をしていても、頭皮の毛穴に皮脂汚れやホコリなどが詰まってしまっていれば、髪の毛に十分な栄養を行き渡らせることは困難となってしまうのです。
そう、育毛を促進させるのに重要なカギとなるのは、「頭皮環境」となります。頭皮環境が清潔に維持されていないことには、どんなに生活習慣に気を使ったところで、それは骨折り損のくたびれ儲けとなるのです。
頭皮環境を清潔に保つには、まず、「シャンプー」が重要となります。シャンプーを使って頭皮の皮脂汚れやホコリをしっかりと落とすことにより、頭皮環境を清潔に保つことができるのです。
私たち日本人の特徴として、毎日のように風呂に入る文化があります。風呂に入った際には、ほとんどの方が頭を洗いますよね?その際、髪の毛を中心にゴシゴシと洗う方も多いのではないでしょうか。「シャンプー=髪の毛を洗うもの」と考えている方も多く、頭皮の汚れを集中的に洗おうとしない方も少なくはありません。しかし、髪の毛の汚れを落としたところで、頭皮の毛穴に詰まった汚れが落ちていなければ、育毛促進には何の効果ももたらさないのです。育毛を促進させる効果を得たいと考えるのであれば、しっかりと頭皮の毛穴に詰まった皮脂汚れやホコリを取り除く必要があります。
頭皮の皮脂汚れやホコリとは、実はシャンプーをつける前に軽く1分程度すすぐだけで、およそ60%から70%の汚れが落ちると言われています。そこで汚れをある程度落としておけば、泡立ちもよくなり、残った汚れもスッキリと落とすことができるようになるのです。その際に、育毛効果のある育毛シャンプーを利用すれば、より一層効果的となります。